クライアントに変革と価値創造を

CONSULTING

IGPコンサルの特徴

ABOUT CONSULTING

イグニション・ポイントには、ビジネスとクリエイティブ、テクノロジーの各領域のトップランナーがいます。これらメン
バーのシナジーにより、独創的かつ深みのあるビジネスコンサルティングサービスを提供しています。実現性の高い戦略を
考え抜き、実行までスピード感を持ってやり抜くことでクライアントのビジネスに変革と価値創造をもたらします。

コンサルタント紹介
CONSULTANT

パートナー

田代 友樹

アクセンチュア、日立コンサルティング等を経て現職。国内外での事業創出や企業変革、イノベーション創出において数多くのプロジェクト経験を積み、2018年にイグニション・ポイントグループに参画。イグニション・ポイントでは複数のコンサルティング事業責任者を歴任後、現在は、インベストメント&グロース事業の立上と拡大を担当。プロ経営者集団を擁し投資先に経営者派遣を行なうバリューアップスタジオ(IGP X)の立上、インベストメントユニットの立上、スタートアップのクロスボーダー進出を支援するためのスキーム構築などに注力する。

パートナー

安田 鉄平

電通国際情報サービス、アクセンチュアデジタル等を経て現職。小売、消費財、アパレル、メディア、公共など、様々なインダストリーのデジタルトランスフォーメーション戦略立案、イノベーションサービス開発に従事。イグニション・ポイントグループに参画後、新規事業創出、JV組成マネージメント、産学連携による先進デジタル技術の研究マネージメントに従事。トラベルDXを推進するHOLLIS株式会社の代表取締役を兼務する他、企業等の技術顧問を務める。

パートナー

古嶋 十潤

京都大学法学部卒業。コンサルティング会社で主に経営/マーケティング/組織開発プロジェクトをリードした後、テクノロジー系企業にて経営戦略本部長として事業・組織マネジメントをリード。マザーズ上場後にスタートアップ企業に転籍し、全社戦略/新規事業構築、資金調達に向けた事業計画設計(約12億円の調達完了)、PMO、デジタルマーケティングサービス強化など多岐にわたり推進。イグニション・ポイントではパートナー兼デジタルユニット責任者として、国内最大手企業と共に「データ/AI活用を基軸としたDX」プロジェクトを推進し、日本国内のデータ/AI活用の発展に向けて尽力している。

シニアマネージャー

羽間 裕貴

慶應義塾大学商学部卒業。アクセンチュア、楽天を経て現職。新規サービス立上、業務改革、ロジスティクス改革、IT戦略・経営計画の立案・実行支援を先頭に立って行い、多数のプロジェクトの成功に貢献。多様な関係者と目的を共有し、進むべき方向性を合わせることを主眼においたプロジェクトマネジメントやプロダクトマネジメントをベースとしたDX支援に強みを持つ。イグニション・ポイントではDX実行支援を中心としたテクノロジーユニットの事業責任者を務めると共に、ECや物流関連の記事執筆も行うなど幅広く活躍している。

シニアマネージャー

松本 武士

経営大学院修士MBA。アクセンチュア、PwCアドバイザリーを経て現職。戦略・経営計画の策定及び実行、経営管理の仕組みの高度化、業務プロセス改善、新規事業の構想策定・立上げ、ITシステム導入(PMO)等、戦略から実行・実現に向けた幅広い経営課題に対するコンサルティング経験を持つ。クライアントと協働し、変革等の多くのプロジェクトを推進してきた経験から、利害関係のあるステークホルダーを巻込みながら推進するリーダーシップが強み。イグニション・ポイントでは、フィナンシャルアドバイザリーの事業責任者を務める。

シニアマネージャー

齋木 佑介

技術経営修士MOT。デザインファーム、広告会社を経てコンサルティング業界へ。クニエ、アクセンチュア、PwCコンサルティングを経て現職。中長期ビジョン策定に基づく事業戦略、構想策定支援、人事・組織戦略、事業戦略策定、新規事業推進のプロジェクトをリードを経験。また、マーケティングに深い知識を持ち、アジャイル型の実行推進も得意としており、戦略に基づく現場力のある実行支援もを多数経験。イグニション・ポイントではストラテジーユニット、およびエクスペリエンスデザインユニットの事業責任者を務める。

シニアマネージャー

木塚 達哉

PwCコンサルティングを経て現職。 企業統合に伴う統合計画の策定から実行段階までの全体管理、システム統合に伴う移行計画策定・実行管理など大規模プロジェクトを多く従事し、幅広いステークホルダーとの合意形成の醸成・プロジェクト推進に強みを持つ。近年ではRPAサービスのリードとして立上計画立案・トレーニング企画等を実施し、幅広い業界におけるRPA導入プロジェクトを推進している

シニアマネージャー

石橋 誉

外資系コンサルティングファーム(PwC、デロイト)、リクルート、国内コンサルティング(NTTデータ経営研究所、パーソル総合研究所)を経て現職。IT、事業戦略、組織・人事の異分野のコンサルティングプロジェクト経験。人材戦略策定、雇用延長に伴う人事課題解決に向けた人事制度改革・キャリア自律支援、エンゲージメント調査・改善プログラムの設計・導入、M&A後のカルチャー統合にむけた組織開発、人材育成体系・研修設計・導入などのプロジェクトに関わる。

シニアマネージャー

高橋 悠

早稲田大学理工学術院修士課程修了。パナソニック、アクセンチュアを経て現職。事業会社にて業務用空調の研究開発、電力売買の新規事業部門を経験。製造・消費財・小売業界を中心に全社改革の構想策定・実行支援、海外への新規市場参入戦略策定、基幹システム(ERP)導入に伴うSCM業務設計、IT戦略企画・予算管理業務設計等のプロジェクトを多数従事。戦略策定のみならず、現場業務プロセスまでを踏まえた改革実行支援に強みを持つ。

シニアプリンシパル

陸田 浩次

早稲田大学理工学部卒業。アクセンチュア、面白法人カヤックを経て現職。PMIシステム統合、SCM改革等大規模開発プロジェクトにPMやアーキとして参画、IT戦略の立案からシステム構築~運用まで一気通貫でのサービス提供を行う。また、自社サービス運用、ゲーム開発等コンシューマ向けサービスにも知見を持つなど、様々な規模、スタイルでのアプリ・システム開発に精通。現在はエンジニアリングチームのマネジメントだけでなく、ビジネス・戦略領域のプロジェクト支援も行うなど幅広い領域の業務に携わる。

クリエイティブディレクター

浅冨 旭法

武蔵野美術大学造形学部工芸工業デザイン科、ノーザンブリア大学MA修了。英国のデザインコンサルタント the Division、tangerineを経て現職。ヘルスケアやビューティケア、医療機器、飛行機インテリア、スタートアップIOTなど多岐に渡る新規事業においてインダストリアルデザインを軸に、UI/UX、サービスデザインと幅広い経験を持つ。現職では、ブランディング、アプリやウェブサイトのUI/UXにおいて、総合的なエクスペリエンスデザインの構築を担う。

マネージャー

河野 麻衣子

東京大学大学院人文社会系研究科修士課程修了。アクセンチュア、日立コンサルティングを経て現職。新規事業企画やグローバル事業開発を中心に、海外のスマートシティ開発やまちづくり、CSR事業立ち上げ、地方創生プロジェクト、中期事業計画作成等の経験を有する。イグニション・ポイントでは新規事業ワークショップの企画・実施やオープン・イノベーションの場の設計、長期ビジョン策定などのプロジェクトを手掛ける。中小企業庁認定ふるさとグローバルプロデューサーとしてインバウンド観光事業の推進等、幅広く活動している。

マネージャー

中村 隆宏

京都大学工学部卒業。アクセンチュア等を経て現職。大手金融機関を対象とした、システム開発や運用・保守におけるプロジェクト管理や実行支援等のコンサルティング経験を多数有する。また、小売業の店舗デジタル化、IT企業における新規事業構想・事業化計画策定、製造業のオープンイノベーション拠点実現の構想策定・データマネジメントシステム構築支援、官公庁における業務効率化の検証支援等を手掛けた実績を持つ。

マネージャー

大越 知高

慶應大学経済学部卒。 アクセンチュア、リクルートライフスタイル等を経て現職。製造・小売業に対する業務改革、ERP導入、Webサイトの構築等のコンサルティング。事業会社における商品開発、新規事業企画から立ち上げ、事業戦略策定、デジタルを中心としたマーケティング計画立案と実施などの経験を有する。また、ベトナムハノイにてOTA(Online Travel Agency)のマーケティング兼プロダクト責任者として事業立て直しを手掛けた実績を持つ。事業戦略策定~実行まで幅広い企業支援に強みを持つ。

マネージャー

鈴木 崇之

国内大手建設コンサルティング会社を経て現職。MBA、1級建築士、技術士(建設部門)。プロジェクト・マネジャーとして数多くの官公庁プロジェクトに従事。その後、経営企画職として中期経営計画、新規事業計画、財務戦略、マーケティング戦略策定等の経営戦略の立案や、M&A業務等に従事。現職では、小売り・製造・情報インフラ等の大手メーカーからスタートアップ企業に対する事業展開に向けた市場調査や新規ビジネス立ち上げ等を支援。また、社内新規事業の事業責任者を担う傍ら、公共プロジェクトとして省庁や地方自治体のDX案件を推進。

マネージャー

伊藤 慎司

東京工業大学大学院生命理工学研究科生体分子機能工学修士課程修了。大手Sier、デロイトトーマツコンサルティング等を経て現職。プロジェクト・マネージャーとして、小売・製造業向け(主にケミカル・バイオ分野)にコンサルティングサービスを提供。RD新規事業化構想、特許戦略(オープンクローズ戦略)、PSI(製販在)戦略、生産業務平準化、マーケティング分野DX化など、戦略策定から実行支援まで多数プロジェクト経験を持つ。

マネージャー

黒澤 一輝

日系コンサルティング会社、外資医療機器メーカー、政府外郭団体を経て現職。大手証券会社を対象としたシステム開発、メーカー企業におけるシステム開発、保守・運用のプロジェクト管理や実行支援等のコンサルティング経験を複数有する。また、企業の海外展開支援、財務・会計領域においても強みを持つ。

マネージャー

黒部 遼

京都大学経済学部卒業。日本M&Aセンター、アクセンチュアを経て現職。中央省庁、地方自治体、独立行政法人に対して、外国企業誘致やOut-in M&Aを軸とした対日直接投資の推進、ESG投資の促進、スタートアップ・エコシステムの形成促進等、産業政策の支援に豊富な経験を有する。また、中央省庁のデジタル・ガバメントの推進を複数支援しており、構想策定から実行支援まで携わっている。現職では、デジタル・トランスフォーメーション案件を推進。

マネージャー

小高 康太

早稲田大学教育学部卒業。大手人材サービス会社、デロイトトーマツコンサルティング等を経て現職。組織戦略・再編、戦略的要員・人件費マネジメント、人事中計、採用競争力向上・ブランディング、ウェイ浸透、人事制度設計等の組織・人材領域と、中計・事業戦略策定、不採算事業の改革、新規事業企画、事業・経営管理プロセス構築、コスト削減等の戦略領域の二軸で様々なテーマに従事。戦略策定だけでなく、実行支援まで含めたハンズオンでの企業支援に強みを持つ。

マネージャー

徳治 正高

国内SIer、日系ITコンサルティングファームを経て現職。流通・小売業、卸売業、CVSのIT戦略立案支援や業務改革、システム導入等を多数経験。大規模基幹系システムや、ECサイト、CRM領域など流通・小売業務の本部・店舗業務を抑えた上での計画策定から実行まで幅広く支援を実施。

マネージャー

武田 啓和

ジョンソン・エンド・ジョンソン、博報堂コンサルティング等を経て現職。マーケティング・ブランディング領域を中心に、トップライン向上をミッションとしたプロジェクトを中心に従事。また、近年ではマーケティングのDX化、CX向上支援等、マーケティング×データを通した企業成長の支援を多数実施。

マネージャー

浦木 優太

東京理科大学理学部卒。PwCコンサルティングを経て現職。自動車・保険・不動産など、幅広い業界/領域におけるCRM戦略策定/BPR/システム導入/運用・改善プロジェクトに従事、クロスボーダー案件にも複数参画。特定の領域に縛られないジェネラルなプロジェクトマネジメントスキル及びDX知見と、業界特化のドメイン知識を掛け合わせ、データ利活用を主軸とした経営高度化/業務最適化/CDP・DMP構想/AI導入プロジェクト等、DX案件を多数推進。

マネージャー

柏 良輔

九州大学大学院修了。野村総合研究所にて大企業の基幹システム刷新プロジェクト推進および新規システム構想における上流工程での業務要件定義支援へ多数従事。マイクロサービスアーキテクチャをベースにしたシステムのスクラッチ開発に関するR&Dにおいてはシステム処理設計観点でのフィージビリティ検証を担当。また、データサイエンス領域への知見も有し、データを基軸とした包括的な観点でのコンサルティングを行なう。

マネージャー

鈴木 紀暁

京都大学経済学部卒業。アクセンチュアを経て現職。電力・ガス、素材・化学業界を中心に、経営戦略に則したデジタル戦略の策定、DX推進組織の立上げ、先進技術を用いた新規事業立案、データ活用に向けたアーキテクチャデザイン、データマネジメント計画立案、DX人材の育成支援、モバイルアプリを活用したBPR等、DX関連の案件に多数従事。現職でも、経営/事業戦略からデジタル技術を活用した実行・推進まで一貫した支援を実施。

ヴァイスプレジデント

竹岡 紫陽

日系シンクタンクを経て現職。官公庁向けの調査研究、及び民間企業へのイノベーション/新規事業戦略、テクノロジースカウティング、コーポレートベンチャーキャピタル設立/運用に関する領域等でコンサルティングに従事。また、先端テクノロジーを活用した自社の新規事業の企画・推進を実施。研究開発型スタートアップの役員及びシードVCでの投資・バリューアップ経験も有している。早稲田大学イノベーション・ファイナンス国際研究所招聘研究員。修士(技術経営)

ヴァイスプレジデント

秋元 邦大

国内総合証券やPwCコンサルティング、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーなどを経て現職。BDDなどの各種デューデリジェンスやPMI支援、JV設立支援に加え、戦略・経営計画の策定、コスト削減/アロケーション、経営管理の仕組みの高度化、業務プロセス改善、新規事業の構想策定など、戦略の策定からM&Aなどの手段も含めた実行・実現に向けた幅広い経営課題に対するコンサルティング経験を持つ。

ヴァイスプレジデント

東條 弘基

慶應義塾大学経済学部卒。メガバンク、総合商社系シンクタンク、日系大手証券会社、SBIインベストメント等を経て現職。ファンドマネージャーとして複数の大企業コーポレートベンチャーキャピタルの設立/運用/投資/資本業務提携支援、VCでの数多くのスタートアップ投資・バリューアップ、様々な業界でのM&Aアドバイザリー業務、新産業・技術リサーチ、法人への融資経験を持つ。

ヴァイスプレジデント

鄧 之皓

台湾大学経済学部卒業。 外資系銀行、グローバルゲーム企業の経営企画部を経て現職。日本企業の海外進出支援、現地アライアンス先候補抽出・交渉、トランザクションの設計等の経験を有する。大手ゲーム企業の経営企画部においては、コンテンツ業界を中心に、多数のクロスボーダー案件に参画。市場環境分析、投資戦略策定、M&A関連業務、PMI統合等に強みを持つ。

prev
next
CLOSE