新卒採用キャリア採用

変化するライフステージの中でも、
自分らしいキャリアを重ねられる

ERIKO YAMADA

山田 恵理子

ストラテジー
シニアコンサルタント

山田 恵理子

大阪大学法学部法学科卒業。新卒で日系SIerに入社後、システムエンジニアとして企業向けID管理システムの導入に関わる。その後、デロイトトーマツコンサルティングにて業務・ITコンサルタントとしてサブスクリプションビジネスを中心としたビジネス構想策定~システム導入支援に従事。2022年にイグニション・ポイントへ参画し、新規事業のアイデア創出、事業計画立案など推進中。

仕事のやりがい

未経験領域へのチャレンジも、自分らしい働き方も試したい

新卒では漠然と長く働き続けるために手に職をもちたいとの思いでSIerに入社し、システム開発やプロジェクトマネジメントに関わる基礎を学びました。このとき、自分自身は「何をどうつくるか」を突き詰めるより、「何のためにつくるのか」を考えることに興味があると気づき、より上流工程の経験を積むことができる総合コンサルティングファームへ転職しました。

前職のファームでは、サブスクリプションビジネスを中心にビジネス構想策定~システム導入支援まで幅広く関わり、ビジネスとシステムの橋渡しとして様々な立場のクライアントとコミュニケーションを取りながらプロジェクトを進めることにやりがいを感じていました。一方で、システムサイドの支援が多かったこともあり、そもそもビジネスとしてサブスクが最適かなどを提言する立場から遠いことや、そのためのスキル・経験が足りていないことに気づき、歯がゆい思いをしていました。

また、30代のキャリアを考えたとき、事業を立ち上げ運営するか、支援者として伴走するか、それとも副業もしながらキャリアの幅を広げるかなど、自分らしい働き方を模索したいと思っていた時期でもありました。大手ファームでは、ある程度の立場になると過去の経験と親和性の高い案件にアサインされることが多く、未経験領域にはチャレンジしづらかったこともあり、転職も視野にいれてキャリアを考えるようになりました。

そんなときに声をかけてもらったのがイグニション・ポイントでした。これまで培ったコンサルスキルをベースに、今後伸ばしたかった新規事業のアイディエーションや事業計画の立案をはじめ、様々な業界・テーマの案件に携われる環境であったこと、面談時にマネジャーから「僕はこの会社で色々な働き方を試してみたかったんだよね」と言われたことが決め手になり、入社することを決めました。

eriko_yamada 1

候補者へのメッセージ

やりたいことをすぐに、かつ安心して取り組める環境

イグニション・ポイントに入社して驚いたのは、本当に手を挙げればすぐに機会を与えられる環境があることでした。新規事業の提案がしたいと言えば、入社して数週間のうちに提案書作成からプレゼンまでを担当できたり、ユニット内でもっと事業アイデアを出し合う機会がほしいと言えば翌週にはワークグループに入れてもらえたりと、大手ファームだと実現に最低数ヶ月はかかっていたであろうことがここでは1か月も経たないうちに実現できます。文句を言う暇がないというとネガティブですが(笑)、それ以上に自分自身が日々変わっている感覚があります。

また、新規事業という答えのないテーマを多く扱っている影響か、柔らかい段階でも積極的に意見を出し合う、相手の意見を否定しない、立場やプロジェクトが違っても一緒の土俵で考える文化があり、共創と自走のバランスが程よくとれているところが安心して挑戦できる環境を生み出しているように思います。メンバーから出てくる意見も、自分にはなかった視点や突飛なアイデアだったりして、自分の視野が広がるとともに純粋に面白いなと楽しめています。

イグニション・ポイントのストラテジーユニットは、様々な事業の旗振り役として上流から下流まで伴走支援する役割を担っています。組織が大きすぎない分、ユニットを横断したコミュニケーションのハードルが低く、デザイナーやエンジニアに意見をもらいつつ示唆につなげたり、実際にモノを見せながらコンセプト固めをしたりと、実行イメージがつきやすい戦略づくりができます。私自身が元々エンジニアをしていたせいか手触り感のない空中戦が苦手なのですが、今の進め方は一歩一歩進んでる感覚があり、モチベーションにもつながっています。

まだまだ発展途上の組織なので、よくしたい・しなければならない部分はたくさんあるとは思いますが、この変化を楽しみつつ、自分がやりたいことを一つずつ形にしていける方々が増えていくといいなと思っています。

eriko_yamada 3
鈴木 紀暁

デジタル時代の
オールラウンダーを目指して

デジタル
シニアマネージャー

鈴木 紀暁

Next